授業紹介

  1. ホーム
  2. CBCの特長
  3. 授業紹介

授業紹介

必須項目※美容師国家試験を受験するため、全国共通で履修しなくてはいけない科目

関係法規・制度
美容師法に関することを学ぶ科目。
美容師法とは、美容師資格を定め、美容業務が適正に行われる様に規律し、公衆衛生の向上を目的とした法律。この法律によって美容師が美容の仕事を安心して遂行できます。
衛生管理
美容に関する施設や設備、器具の衛生的な管理や消毒、美容師の健康管理について学ぶ科目。この科目を学ぶことにより、お客様に清潔な状態で施術ができます。
美容保健
美容師の仕事は頭や顔に触り、皮膚や毛髪に鋭利な刃物やカラー剤などの薬品を使う仕事なので、それに必要な解剖学や皮膚科学の基礎知識を学ぶ科目。
美容の物理・化学
パーマ液、カラー剤等の薬剤は、化学薬品です。 薬剤の取り扱い方や作用を理解するために、物理化学の基本原理を学ぶ科目。この科目を学ぶことにより、正しい薬剤知識の原理原則を理解できます。
美容文化論
美容室には様々な年齢層のお客様がいらっしゃいます。その方たちとコミュニケーションを深めるために日本古来の美容の表現技術や歴史、西洋の美容についても学び、今の流行のスタイルがどういった経緯を辿ってきたかということを学ぶ。
美容技術理論
カット、パーマ、カラーなどの美容室で行う施術や毛髪科学についての理論を学ぶ科目。
美容運営管理
美容室での接客や会計経理、美容師の健康管理等、施術以外で必要となることを学ぶ科目。
美容実習
美容室で必要な基本技術を実技にて学ぶ科目。美容師国家試験の実技課題の対策も含む。

選択必修科目※美容師国家試験を受験するため、履修しなくてはいけない科目。各学校により異なります。

昼間過程

ビジネススキル
美容運営管理をより実務的に発展させた科目。マーケティングや情報収集や発信、集客の方法やミーティングの心得、売れるPOPの作り方を学ぶ。
心の教育
美容業は接客業なので、心が大切です。自分の長所や短所を知ったり、自分と違う相手を理解したり受け入れたり…時には強い心で壁を乗り越えることも必要です。美容師だけではなく、社会人として必要な心の強さと健やかさを養います。
ユニバーサルサービス
美容室にいらっしゃるお客様は、健常者ばかりではありません。 車いすの方、ご高齢のお客様、障がいのある方がお越しになった時に、慌てずに落ち着いてご対応ができる様に、車いすの操作や手話のコミュニケーション、シャンプー台への移乗の方法等を学びます。 重度障がい者施設の方や職員の方が監修されています。
ヒューマンコミュニケーション
美容師というよりも一社会人として、必要なマナーを学びます。ご挨拶に始まり、名刺の受け取り方、電話のとりかた、お茶の出し方など、社会人一年生としてスタートダッシュが切れる様に必要な接遇の知識や実践を学びます。
サロンワークスキル
美容実習の科目でカバーできない、実際の美容室で求められるシャンプーやブロー、カラーの技術を現役のサロンオーナーやメーカーのインストラクターの方が直接教えてくれる科目。

通信過程

ヘアスタイル画によるトータルファッション
顧客の個性、服装、その他の環境に応じてヘアスタイルを設計し、流行を造り出す能力を身に付ける科目。
カウンセリング
美容室の現場で必要なカウンセリングについて学ぶ科目。

サロンで実践!週末ワーキング制度

CBCは提携サロンでアルバイトを推奨しています。それは週末に実際のサロン経験をしてほしいから。 安心して働くことができるうえ、実際に働きながら勉強することにより、現場で必要なスキルがどんどん身についていきます。 しかも、サロンとCBCが情報交換してあなただけの指導カリキュラムを構築していくから、効率的なスキルアップが見込めるのです。

卒業と同時にアシスタントとして活躍するために、そして長い美容師キャリアを続けていくためには、技術力だけでは通用しません。 それぞれが思い描くキャリアプランや段階、状況に応じた、様々なノウハウやスキルが必要となります。 CBCでは、社会人としての基礎力を養うため、個人の"人の力"を育てる「心の教育」を行います。 その上で、技術面のスキル・ノウハウ、ビジネススキル、あるいは、コミュニケーション能力や高い社会性を身につけるためのカリキュラムを必修課目として組んでいます。 もちろん、美容師に必要となる国家試験取得は完全サポートしています。(国家試験取得保証制度あり)

セントラルビューティストカレッジについてもっと詳しく知りたい方はこちら
お問合わせ・資料請求
  • 美容師育成あしなが基金
  • 保護者/高校関係者の方へ
お問合わせ・オープンキャンパスのお申込みはこちら
0120-860-434
0120-860-434
0120-860-434
お問合わせ・資料請求

※資料請求を希望される方は、お名前、年齢、性別、電話番号を入力して送信してください。

携帯電話からも簡単にお申し込みができます

facebook

ママスタ登録フォーム

社)日本理容美容教育センター

第8回理美容甲子園へのリンクバナー